フィラリアの魔の手から愛犬を守れ!フィラリア予防薬について

オレンジの錠剤

うっかりしやすい人は

フィラリア予防薬は飲ませ続けなければきちんとした効果を発揮してくれません。そのため飲ませ続けるのが大切ですが、うっかりしやすい人もいると思います。そんな人はアドボケートを選びましょう。

茶色のカプセル

飲ませ忘れていたときは

犬を飼っている飼い主さんの多くが一度通る道……それがフィラリアの薬の飲ませ忘れです。フィラリアは命に関わるため、飲ませ忘れが発覚したときはパニックになりますよね。飲ませ忘れたときはどうすればいいのでしょうか。

犬の命を奪う寄生虫の代表

白い錠剤

フロントラインなら犬の感染症を予防したり緩和してくれる効果がありますよ。

犬がかかる恐れがある心臓疾患や、犬の命を奪う恐れのある寄生虫の代表といえる存在といえば、やはりフィラリアでしょう。
細長いイヌ糸状虫という寄生虫が蚊を媒介して犬の体内へ入り込み、体内で成長を続け、最終的に心臓へ寄生し、心臓から溢れるほどに増えた場合は肺動脈にも寄生します。
それによって咳や呼吸困難、腹水、血尿などの症状が引き起こされて、最悪の場合、犬の命を奪います。
犬種はもちろん、年齢や体重、そのときの体調などの条件に関係なく感染する危険がある病気で、どんな犬にも等しく感染する恐れがあります。
中間宿主が蚊であるためいつ蚊に血を吸われるかもわかりませんし、全く蚊を近付けさせないようにするというのもとても難しいです。
そのため、フィラリアに感染しないためには、予防薬を使ってしっかり予防することが大切なのです。

今までフィラリアは犬の病気という印象が強かったですが、フィラリアは猫にも感染することがあり、猫の命も奪うことがあります。
さらにはごく稀にですが人間にも感染し、肺に腫瘍を作ったりすることもあり、犬を飼っている人がフィラリアになってしまう危険性もとても高いのです。
最近は狂犬病やフィラリアなど、危険な犬の病気を軽視している飼い主も増えてきていますが、温暖化で蚊が出る時期も早まってきている今、もう一度フィラリアの危険性を見つめ直すべきです。

ですが、フィラリア予防薬はとにかく数が多いですよね。
どの薬を使っていいのかわからないという飼い主さんは、動物病院で市販されている薬を選ぶのがいいでしょう。
個人輸入代行サービスを利用することによって、動物病院でも取り扱われているフィラリア予防薬を、動物病院で買うよりも安い値段で購入できるのでオススメです。

PAGES

白い錠剤

popular contents

「フィラリアの魔の手から愛犬を守れ!フィラリア予防薬について」のコンテンツ一覧です。